同じ空、同じ時間



少しは輝いているのかな どこかに空いてる心の隅にでも
明るく見えなくていいんだ 風のように感じてくれれば

君にとって意味はあるのかな 空が晴れるか雨が降るかとか
僕にとっては大事な事なんだ 少しでもまぶしい方がいいから

風が吹くなら冷たいよりも 暖かい風の方がいい
雲が出るなら日差し遮らず 白い絵の具で塗りつぶした雲がいい

さぁ二人がどんなに離れていようとも
この空はどこかできっとつながってるはずさ

でも遠くに見える空が違うように
離れた二人の心も違うのかい


時間は平等にあるのかな 想う時間と想われる時間
短くて長くて感じるけど 時計が動くのは同じ距離

光を浴びれば気持ちがいいなんて いつもそんな時ばかりじゃない
時には日陰からぼんやり空を 灰色に塗りつぶしたい時もある

さぁ二人がどんなに離れていようとも
この空はどこかできっとつながってるはずさ

でも遠くに見える空が違うように
離れた二人の心も違うのかい


2011年5月頃作成。静かなバラードを作ろうと挑んだ思い出が。作ろうと思った感じと異なった曲になりましたが、数少ない恋愛ソングの一つに。貴重なだけにちょくちょくライブでも歌います。

アルバム「サクラのように」

QooQ